先日、スタジオにファンフレット(斜めフレット)のアコースティックギターがあったのでリハーサルで弾いてみました。



ファンフレットとは

https://guitar-hakase.com/34293/



最初は違和感ありましたが、直ぐに斜めなのを忘れるぐらい自然に馴染みました。


カポもフレットに合わせ斜めにつければ、チューニングも問題ありません◎


そして次の日。

隆一さんとの教会ツアー初日。

ツアーのくくりでいうと10回目になります。


前回までは僕の2010年製のMartin HD28Vを使用してましたが、今回からは隆一さん所有の1945年のD28にピックアップを仕込んで(驚、、)ツアーに持って行く事になりました。。


ビンテージギター

https://kondokaoru.jp/guitars/vintage-guitar



レコーディングでは何度も弾かせて頂いているのですが、Liveでもやはり別格でした。

思った以上に素晴らしかったです。

余分な音の成分が無くクリアで小さい音でもしっかりなってくれます。ダイナミックレンジがメッチャ広いです。


つまり偶然にも、最先端のギターとビンテージを続けざまに弾く機会に恵まれたのですが、結論としてビンテージの素晴らしいクオリティと説得力に圧倒されつつも、ファンフレットに可能性をもの凄く感じました。


僕の嗜好は完全にビンテージよりなのですが、

アコギに関しては、次に購入する機会があれば、まずファンフレットのギターを探すと思います。


ベースの岡さんがファンフレットのベースに落ち着かれたのも、ようやくわかった気がしました。


何というか、普通に楽器の音がするのです。


もっというと、Martinに限らずビンテージの楽器にも同じ印象があります。


そこにある木が無理なく普通に響いているというか。


対照的に一般的な新製品のギターは、見た印象と触った感触からくるイメージと違う音がするものが多い気がしてます。


リンゴちゃんの大友康平さんのモノマネ的な。

クロちゃんの「クロちゃんでっす!わわわわー♡」的な。


それで言うなら僕は加山雄三さんとか舘ひろしさんファンという事になりますが、特にそういうわけではありません。

リンゴちゃんもクロちゃんも大好きです。





話しそれた上に完全に的外れでした。





何かオススメのファンフレットのアコギありますか?






ABOUT ME

ギタリスト音楽家|福田真一朗ShinichiroFukuda

1973年生まれ

数々のアーティストをLive, Recording,音楽制作でサポート。

令和2年2月20日,初のSoloLiveを開催。同時に1st.SoloAlbum発売。





閲覧数:194回0件のコメント

元プロ野球選手・社会人・大学生・高校生・独立リーガー・MLBマイナーリーガーなど、全ての野球選手がNPB(日本プロ野球)にアピールできる舞台「WorldTryout」

そのイメージ動画のBGMを、担当させて頂きました。

気分としてはElmore Jamesです。

岡さんに怒られそうですがw


そして清原和博さんと間接的にではありますが仕事ができて(無理やり感)

メッチャ嬉しいです。











ABOUT ME


ギタリスト音楽家|福田真一朗ShinichiroFukuda


1973年生まれ

数々のアーティストをLive, Recording,音楽制作でサポート。

令和2年2月20日,初のSoloLiveを開催。同時に1st.SoloAlbum発売。



https://www.shinichirofukuda.com

閲覧数:114回0件のコメント

更新日:2019年11月13日



あまり多くの人に教える事は出来ないのですが、レッスンやってます。


結局のところギターが上手いってどういう事なのか?


終わらないこの問いに定期的に考える事がありますが、いつも結局、


「魅力的である」


という長年ギターを弾いているとは思えない、超ざっくりとした抽象的な言葉に辿り着きます。


でも僕には今のところこの言葉しか見当たりません。


違う言葉で話そうとすると、

途端にとりとめのない話になってしまいます。


つまり、


魅力的になりたいと思ってる僕が、あなたの魅力を引き出そうとするレッスンです。


無茶苦茶ですw


ですが、そんな僕だからわかる事があります。


ある時そう思いました。


感心と感動は益々違うなぁと思ってます。









ABOUT ME


ギタリスト音楽家|福田真一朗ShinichiroFukuda


1973年生まれ


数々のアーティストをLive, Recording,音楽制作でサポート。

令和2年2月20日,初のSoloLiveを開催。同時に1st.SoloAlbum発売。


https://www.shinichirofukuda.com





閲覧数:166回0件のコメント